2020年04月27日一覧

為替の動きを推測する時に必ず実施されるのが…。

テクニカル分析と申しますのは、相場の変遷をチャートという形で表示して、更にはそのチャートを参照することで、それからの為替の動きを推測するというものなのです。このテクニカル分析は、いつ取引したらいいかを認識する際に有益です。スキャルピングという方法は、割合に推定しやすい中・長期に亘る経済的な指標などは考慮しないで、拮抗した勝負を一時的に、かつとことん繰り返すというようなものだと言っていいでしょう。仮に1円の変動であっても、レバレッジ1倍の場合は1万円の損益になるというわけですが、10倍でしたら10万円の損益になるわけです。結局のところ「レバレッジが高くなればなるほどリスクも高くなってしまう」と言えるわけです。利益を獲得するためには、為替レートが初めに注文.......